Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

親善試合 日本×イングランド戦について

岡田監督、というか日本代表の狙いはハッキリ見えた。
全員で自陣に引いて守って勝ち点1を取るサッカー。
その中で今日のようにうまく点が取れればラッキー。
これが岡田監督が作り上げた、ベスト4を狙うチームの完成形。

今日の内容を見ても、流れの中からチャンスはまったく作れないということが証明された。
ラストパスの精度、フィニッシュの精度も相変わらず悲惨なレベルだった。
後半になると、いつも通りガス欠を起こすことも確認できた。
流れを変えるために選手を交代させても、まったく効果がないこともわかった。

ハドルストーンとベントをスタメンで起用し、レノンを左サイドでテスト、後半頭から5人も交代したように、イングランドはあくまでもテストマッチというスタンスで戦ってきた。
崩しの形がほとんど見られなかった、パスミスがあまりにも多すぎた、運動量が足りなかった、プレッシャーが甘かった、怪我を恐れてリスクを負ったプレイが見られなかった・・・など、いろいろ不満点はあるだろうけども、今日は調整。
ボクはイングランドが優勝候補だとは思ってないけども、本大会ではそれなりに好成績を残すんじゃないかな。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |