Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

日本代表のワールドカップについて

日本代表については、試合後にオシムやポポヴィッチが語った通り。
いつも通りブロックを作って守り、パラグアイのミスを待ち続ける消極的なサッカー。
最初からPK戦を想定したかのような、リスクを最小限に抑えた、負けない戦い方だった。
点を取るためのプロセスは最後まで見えず、得点の可能性を感じさせたのはセットプレイのみ。
お互いに局面を打開する動きも、アイディアもなく、各国のメディアが伝える通り、非常に低調で退屈な試合だった。
ベスト16での敗退は、必然の結果だろう。

岡田監督の限界、岡田監督が選んだ選手の限界、日本人の個人能力の限界、日本人がリアクションサッカーで戦うことの限界、大会直前に付け焼刃的に戦術を180度変更することの限界・・・まあ、いろんな“限界”が頭をよぎったね。

こういう試合でこそ中村俊輔を入れても面白かったと思うのだが、この切羽詰まった状況でも使わなかったあたり、よほどコンディションが悪かったか、岡田監督の信頼を失っていたのだろう。
中村と共にこれまで右サイドを牽引してきた内田、日本代表で唯一のストライカー森本に至っては、今大会で1分たりとも出番を与えられなかった。

ベスト16という結果を見ても、岡田監督の功績は評価されてしかるべきだが、内容を考えれば、それ以上でもそれ以下でもない。
実際問題、結果以外に得たものはあまりなかったと言えるだろう。
正直、「日本サッカー界のことなど考える余裕がなかった」という発言には、唖然とした。
「つまらないサッカーでも勝てばいい」、「結果がすべて」的な考えの岡田らしい。
岡田の個人的なリベンジと、自己満足のためのワールドカップだったのではないかな?

駒野のPK失敗についてフォローすると、駒野は練習でもPKをまったく外さないと聞いたことがある。
事実、世代別代表の頃からPK戦のキッカーを務めており、2007年のアジアカップでも、オーストラリア戦、韓国戦ともにPK戦でキッカーを務め、キッチリ決めている。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。