Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

サンフレッチェ広島の連敗脱出について

サンフレッチェはFC東京に勝って連敗を3でストップした。
まあ、完勝と言えるんではないかな。

広島はFC東京と相性がいいように思うね。
形は違えど、運動量をベースにした攻撃サッカーを志向するチーム同士。
ただ、いつ戦っても広島の方が完成度が高いので、東京はあまり勝ててないんでないかな?
また、東京の選手のクオリティが広島と大差ないというのもあるね。
これが鹿島、川崎、G大阪、名古屋、浦和あたりだと、完成度やチーム状態がどうであれ、個人のクオリティが高いため、いくらポゼッションサッカーの広島といえど、ポゼッションできない。

試合の話に戻ると、確かに今日広島はいいサッカーができた。
ただ、いいサッカーができた背景には、FC東京の出来が非常に悪かったという面がある。
その情けない東京に対して、2-0になってからのサッカーは正直物足りない。
サンフレッチェはよくこういう試合をしちゃうね。
点差や疲労、相手が前がかりになることを考えてのことだというのは理解できるけども、ちょっと最後押し込まれすぎ。
もっと効果的にカウンターができればいいんだけども、中盤が無理しないから、李忠成がいい形でキープできない。
李は点取りたいからリスクを冒したプレイをしてるんだけどもね。

ただ、以前のようにラインが下がって6バック、7バックみたいな形にはならず、なるべく2ラインを維持しようとしてることには好感が持てる。
押し込まれてもある程度ボールホルダーに行けてたし、前線でも組織的にプレスに行けてる。
去年はリトリートが徹底されていた。
たまに佐藤寿人や柏木が個人でプレスをかけることによって、後ろがついてくることはあったけども、最近はチームとして前からプレスに行こうという意図が見られる。
その結果、空いたスペースを使われることはあるんだけども、チームとしては進歩してると思う。

多分、選手が勝手に考えてやってるんだろうけども。
いや、ボクは決してペトロヴィッチ監督を毛嫌いしてるわけじゃないよ、本当に。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<南米選手の欧州移籍について | Coup de Vent | サンフレッチェ広島の3連敗について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。