Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

セントライト記念と菊花賞とダンスとマンカフェの考察

昨年の菊花賞の際、菊花賞はやはりダンスインザダークとマンハッタンカフェの産駒が強い的な記事を書いたが、もちろん、ダンスやマンカフェなら何でもいいというわけではない。

セントライト記念で人気を集めたマンハッタンカフェ産駒のアロマカフェ(牡3、美浦・小島太厩舎、武豊)は3着まで、ゲシュタルト(牡3、栗東・長浜博之厩舎、池添謙一)にいたっては14着。
ダンスインザダーク産駒で穴人気したダークシャドウ(牡3、美浦・堀宣行厩舎、四位洋文)も4着。

アロマカフェの母父はハートレイク。
さらに母母父がサンシャインボーイで、その前がスパニッシュイクスプレスでは菊花賞うんぬんではない。
ダークシャドウも母父がPrivate Account、母母父がDanzigなので、これも距離が長い。
ゲシュタルトに関しては、同距離の京都新聞杯を勝っており、距離は敗因にならないと思うが、祖母にフサイチカツラがいるものの、母父がエンドスウィープで、総合的に見れば中距離血統。
3000mで巻き返せるとは思えない。

来週の神戸新聞杯にもダンス&マンカフェ産駒が登場予定。
マンカフェの近親とか、タニノギムレットの近親でダンス産駒とかも出てくる可能性があるようだが、1番の注目は連勝中のシルクオールディー(牡3、栗東・昆貢厩舎)であるね。
母母父Woodman、その前がOlden Timesということで、若干不安はあるが、母父Kris S.なら何とかなるのではなかろうか?

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アジア大会に向けてのU-21日本代表について | Coup de Vent | Rocket ManのスプリンターズS回避について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。