Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

シャルケとベンフィカ及びポルトガルサッカーについて

CL第2節が行われた。
ほとんど試合見てないのであれだが、シャルケとベンフィカの試合は見た。
シャルケはフラドが効いてた。
正直、アトレティコがフラドを放出、しかも行き先がドイツってのはちょっと予想できなかったけども、シャルケにしてはいい補強だと思った。
“カンテラ”のジダンとか言われて、かつてはレアル・マドリーで期待されてたね。
彼は割と“硬い”選手が多いシャルケにおいて、柔らかいというか、潤滑油的な選手であるね。
攻撃のアクセントというか、1つポイントができる感じがするし、ラウールや、フンテラールとも割と上手く絡んでいけそうな気がするよ。

ただ、何でシャルケが勝てたのかはちょっと説明できない試合だった。
相変わらずチームとしての形はないし、DFラインは酷い体たらく(パパドプーロスは頑張っていたけども)。
特に内田は悲惨な出来で、対面のファビオ・コエントラオンにいいようにやられてミスを連発。
攻撃面でもいいところなく、自分のミスのカバーでカードをもらって下げられた。
これではしばらく試合に使われそうにないね。

一方ベンフィカ。
ポルトガルのトップクラブがこのシャルケに負けるというのはいかがなものか?
攻めているようには見えたけれども、その割に崩し切った形や決定的なシーンは少なかった。
チームの成熟度も、個々のテクニックも明らかにシャルケより上なのだけれども、なぜか2点取られて負けてる。
実に不思議であるね。
このあたり、何となくポルトガルっぽさが出てるような気がする。

ポルトガルと言えば、ブラガはシャフタールにも大敗し、2試合で0得点9失点という体たらく。
いいところなしと言っていい。
昨年リーグ2位のクラブであるよ?
近年、ベンフィカを中心に、ポルトガルリーグにいい選手が集まるようになった感があるけれども、レベル的にはそれほど上がったというわけではなさそうね。
ポルトはヨーロッパでいつも結果を出してるイメージがあるけど、ベンフィカはそうでもない気がするし、スポルティングはもっとそうでもない。
一昨年のCLでバイエルンに記録的な大敗を喫してたしね。
ま、その記録的大敗を喫した監督が代表監督なのだけれども・・・。
いや、まあパウロ・ベントには期待してますよ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<スプリンターズSと外国馬について | Coup de Vent | アジア大会に向けてのU-21日本代表について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |