Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

矢野大輔氏の通訳としての資質

昨日のアルゼンチン戦、岡崎のゴールが決まった瞬間、それを感じた。
喜びを冷静に噛みしめるアルベルト・ザッケローニ監督とは対照的に、矢野通訳は我を忘れたかのごとくはしゃぎ回っていた。

通訳は監督そのものであるべきというのがボクの持論である。
例えば、イヴィツァ・オシムの通訳をする千田善はオシムそのものである。
もし、千田氏がオシムの喋っていることを、まったくデタラメにただオシムっぽく訳していたとしても、恐らく誰も気づかないだろう。
ジーコの通訳をする鈴木國弘、フィリップ・トルシエの通訳をするフローラン・ダバディも、まあ似たようなものである。
語学能力に関してはボクは素人なので何とも言えないが、単に言葉だけではなく、語気や雰囲気、佇まいも監督に似せるべきだろう。

もっとも、千田氏も最初から『オシム』だったわけではなく、当初は非常にぎこちなかった。
しかしながら、時間が経つにつれ、いつの間にか『オシム』になっていた。
だから、矢野氏がいつの間にか『ザッケローニ』になっていたということも考えられないことはないのだが・・・。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<前田遼一のシュートはあれでよかったのか? | Coup de Vent | 凱旋門賞とナカヤマフェスタについて>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-01-26 Wed 06:32 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。