RSS
Admin
Archives

Coup de Vent (クー・ド・ヴァン)

なでしこリーグを中心としたサッカー、競馬、アニメなどについて、好き勝手に放言しているブログです

ブログ・ダミー
プロフィール

β-Paresseux

Author:β-Paresseux

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
最近のトラックバック
検索ぷらす
リンク
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
広告
装甲娘 文豪とアルケミスト 英会話 DVD/CDレンタル 電子書籍 コミック DMM宅配買取 神姫PROJECT R FLOWER KNIGHT GIRL~X指定~ オンラインゲーム 戦乱プリンセスG 魔王の始め方 VR動画 アダルト動画 中出しのサンプル動画が見放題! MOODYZ(ムーディーズ)ch 家庭教師先のお母さんと ダウンロード販売 ヒメカノ ダウンロード販売 アダルトDVDレンタル 見放題ch ライト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.10
09
Category : サッカー
昨日のアルゼンチン戦、岡崎のゴールが決まった瞬間、それを感じた。
喜びを冷静に噛みしめるアルベルト・ザッケローニ監督とは対照的に、矢野通訳は我を忘れたかのごとくはしゃぎ回っていた。

通訳は監督そのものであるべきというのがボクの持論である。
例えば、イヴィツァ・オシムの通訳をする千田善はオシムそのものである。
もし、千田氏がオシムの喋っていることを、まったくデタラメにただオシムっぽく訳していたとしても、恐らく誰も気づかないだろう。
ジーコの通訳をする鈴木國弘、フィリップ・トルシエの通訳をするフローラン・ダバディも、まあ似たようなものである。
語学能力に関してはボクは素人なので何とも言えないが、単に言葉だけではなく、語気や雰囲気、佇まいも監督に似せるべきだろう。

もっとも、千田氏も最初から『オシム』だったわけではなく、当初は非常にぎこちなかった。
しかしながら、時間が経つにつれ、いつの間にか『オシム』になっていた。
だから、矢野氏がいつの間にか『ザッケローニ』になっていたということも考えられないことはないのだが・・・。

にほんブログ村 サッカーブログへ

Comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます