Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

前田遼一のシュートはあれでよかったのか?

カウンターから前田遼一がセーブされたシュート。
あのシーンはあれでよかったのか?

まあ、実際ゴールが決まってないんだからよくはないんだろう。

では、何がよくなかったのか?
ここからは、あくまでも映像を見ての結果論である。

まず、何でパスをしなかったのかについて。
前田がDFを交わして左に流れた際、後ろから走ってきた中村憲剛は1度ボールを受けようとしたが、前田は中村に目もくれずシュートを撃った。
中村は当初左のスペースで受けようとしたが、パスが出なかったため、右にクロスする動きを見せた。
しかし、終始中村が前に追いつけておらず、最後のクロスの動きはほとんどアリバイ的なものにしかならなかった。
つまり、中村は常に前田の視線に入っていなかった。
中村がパスを受けるには、自身がもっと全力疾走するか、前田がタメを作ることが必要だった。
結論としては、あの状況でパスを出せば決まっていたとは言えない。

問題はシュートのタイミングにある。
前田はDFを交わして、GKと1対1の状況にあったにもかかわらず、なぜかペナルティエリアの外から左足でシュートを撃っている。
あの位置からのシュートが得意な選手ならわかる。
だが、前田はそういう選手ではないと思う。

なぜあそこでペナルティエリア内にもう1ドリブルしないのか?
もう1ドリブルすれば、中村にパスを出すという選択肢もできた。
そこで上手くパスを出せれば、かなり高い確率でゴールになっただろう。
もちろん、自分で撃つにしても確率が上がったはずだ。
不思議で仕方ないが、恐らくドリブルのコントロールが大きくなってしまい、シュートを撃てなくなるのが怖かったんだろう。
撃てないより、撃って終わった方がイメージがいい。
見逃し三振より、空振り三振の方がイメージがいいという考えだ。
もしくは、シュートコースが狭くなるのを嫌ったか。
これも同様に、狭くなったら嫌だし、外したら何でもっと早く撃たないんだと言われかねないから、その前に撃ってしまおうという消極的な姿勢である。

つまり、前田は自分に自信がない。
何で自信がないのか?
自信を持てるほどの技術がないと考えているからだろう。
だから、前田はJリーグでどれだけ活躍しても、その割に代表には呼ばれないし、イマイチ活躍できない。
活躍できないから、焦りやアピールしたい気持ちも強かっただろう。
年齢的にも、代表に定着するにはラストチャンスかもしれないからね。
その結果として、遠目からのシュートを選択させた。

前田はこのプレイより前にも、遠目から左足で狙って枠を外したシーンがあった。
左に香川がドフリーでいたにもかかわらず。
結局は、下手に小細工をするより、思い切り撃った方が後悔がないということだろう。
遠目からでも入るという自信があったから選択した、というシュートではないはずだ。

そういう思い切りや、エゴイスティックな姿勢が前田にやや欠けていたのは確かだが、外してばかりではただのエゴイストであり、雑なプレイを繰り返しているだけである。

ただ、日本で最高のFWと言われる選手でも、GKと1対1のシチュエーションであっさりペナルティエリア外から撃ってしまうことに、日本の慢性的な決定力不足を垣間見た気がした。
ジーコが代表監督時代、日本人はドリブルからそのままのスピードでシュートを撃ってしまうから入らないと嘆いていたが、昨日の前田はまさに典型的な日本人だった。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<金魚の飼育について | Coup de Vent | 矢野大輔氏の通訳としての資質>>

この記事のコメント

おっしゃるとおり、日本人FWの決定力不足の原因をより明らかに見せてくれたシーンだと思います。
ただ年齢はさておき、前田にとってはこれからが進歩の段階に入ったのだと私は見ています。
あの状態でシュートするからこれまで代表に呼ばれなかったことを自覚し、シュート直前でもう一度相手DFのプレッシャーを切返してシュートまたはパスを出す瞬時の判断を付けられればと期待するからです。
前田に限らず、寄せられた時にフェイントできる自信と自己の技量アップ、相手DFの動きを読む経験値を高められればと願っています!
2010-10-10 Sun 18:55 | URL | クライスト #-[ 内容変更] | top↑
>>クライストさん

本田がデンマーク戦で見せたアシストなんかは、日本人らしくない落ち着いたフェイクでしたね。

前田に関しては、思い切り叩いてはいますが期待してますよ。
スピードや裏への飛び出しはないですが、前線でポイントを作ったり、下がってボールを捌くこともできるので、アグレッシブに出ていきたがる本田や香川らとの相性もいいと思います。
2010-10-15 Fri 19:51 | URL | β-Paresseux #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。