Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ジャパンカップのブエナビスタ降着について

今日のジャパンC、納得がいかないね。
ブエナビスタ(牝4、栗東・松田博資厩舎、C.スミヨン)の直線のシーン、ボクの目にはまったく問題がないように見えた。
ローズキングダム(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎、武豊)の進路が狭くなったということだが、あの程度は全然許容範囲だろう。
両馬の脚色が同じであったら、あるいは武豊騎手が落馬してしまいそうな不利であったら問題だと思うが、明らかに脚色が違っていたわけであり、落馬の危険性もさほどなかったと思うのだが・・・。
進路が狭くなったため一旦控えた、それだけの話ではないかな?
不利がなかったとしても、ローズキングダムがブエナビスタを捉えることができたとは思えない。
まあ、パトロールビデオを見る限りは、どちらかと言うとヴィクトワールピサ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎、M.ギュイヨン)が外にヨレた影響の方が強いように見えるのだが・・・。
いずれにせよ、あの程度をちまちま言っていたらレースにならないと思うのだが、どうだろう?

欧州や北米、オセアニア、中東、香港などであったら、どういう結果だったのかと思う。
香港などは、少々詰まった、挟まれたくらいじゃ降着などならない印象があるが・・・。
具体例を挙げるならば、今年の凱旋門賞は非常にラフな競馬で、Planteur(牡3、仏国・E.ルルーシュ厩舎、A.クラストゥス)が失格となった。
が、今日のJRAの裁定であったならば、もっと失格、降着馬が出たのではないか?

そもそも、JRAは審議をしすぎであるね。
最初から最後まで、どの馬にも全く不利がないレースなんてあるわけがない。
JRAは1周ぐるっと回ってきました的な『競技』をやりたいのか?
そんなに武豊騎手にGⅠを勝たせたいのか?
そんなに外国人騎手を勝たせたくないのか?
それとも松田博資調教師を勝たせたくないのか?

少々の不利で降着とかやってるから、四位騎手を筆頭に、不利をアピールするばかりで、タフな競馬や海外のレースでは使えない騎手が量産されるわけである。
これではJRA所属騎手のレベル向上など望めるわけがないね。
競馬の世界も『ガラパゴス化』であるよ。
力と力の叩き合いが競馬の醍醐味の1つだと思うが、叩き合いに負けてる馬が得をするレースではどうしようもない。

にほんブログ村 競馬ブログへ

追記

降着などの裁決に関しては、
英・愛などは『走行妨害がなければ、被害馬が加害馬に先着できたか』が焦点。
仏・米・日などは『加害馬は被害馬が賞金、あるいはより高額の賞金を獲得するのを妨げたか』が焦点であり、かつ『被害馬の着順に疑義が生じた場合、疑義はつねに被害馬に有利に考慮するという原則が適用される』と、いうことらしいですね。

レーシングポスト紙、並びにライアン・ムーア騎手が今回の降着処分を批判したことに関しては、そういう背景があるのではないかな?

とはいえ、日本とフランスでも解釈はだいぶ違うと思われるので(そもそも、上記の解釈ではブエナビスタは降着にはならない)、ここは日本で最もフランス及び海外競馬を知り尽くしている武騎手に本音で分析していただきたいところ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<香港国際競走と阪神JFについて | Coup de Vent | 退場したがる人たち>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。