Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

香港国際競走と阪神JFについて

香港国際競走が終わり、今年の世界の競馬シーズンが終わった。
ヴァーズはマスタリーが完勝、ジャガーメイルも後方からジリジリ追い上げたが4着が精一杯。
ジャガーメイルに関しては、このペースであの位置からでは厳しかった。
内をピッタリ回り、出来る限りの競馬はしたと思うけども、やはりよほど上手く行かない限り、勝ち切るのは難しい馬であるね。

スプリントはジェイジェイザジェットプレーンがロケットマン、セイクリッドキングダムというアジアの2トップを抑えて優勝。
スプリンターズSに出走したグリーンバーディーは10着、ウルトラファンタジーはシンガリの14着といいところがなかった。

マイルは今年の安田記念に出走していたビューティフラッシュが優勝。
サプレザは3着、エーシンフォワードは4着同着、グッドババは10着、パコボーイはシンガリの13着と大敗。
エーシンフォワードは一旦前に行きながらもずるずる後退、終わったかと思ったら直線盛り返すという、よくわからない競馬で4着まで迫った。
マイルチャンピオンSの勝ち馬として、実力は示せたのではないかな?

カップは後方2番手からレースを進めたスノーフェアリーが差し切った。
これで4カ国目のGⅠ勝利。
2着はイリアン、連覇を狙ったヴィジョンデタは4着、コレクションはシンガリの13着。

結果が出なかった有力馬もいるけども、全体的にみんな力を出し切ったいい競馬だったように思う。
メンバーも良かったしね。

日本では阪神ジュベナイルフィリーズが行われ、レーヴディソールが1番人気にこたえて優勝した。
兄弟がみんな走っているけども、GⅠを制したのはこの馬が初めて。
脚元が弱い血統だけども、とりあえずは来春が楽しみになったね。
2着はホエールキャプチャ、3着はデムーロ騎手の好騎乗が光ったライステラスと、世にも珍しい芦毛馬の1、2、3フィニッシュとなった。

一方、出遅れた上、引っ掛かって9着に敗れたダンスファンタジア。
外枠、武豊騎手に乗り替わりという時点で後ろから行くことは予想できたけども、あそこまで引っ掛かってはどうしようもない。
もっとも、レース前からイレ込んでいたとはいえ、一流と呼ばれる騎手ならもう少しマシな騎乗をしたとは思うがね。

まあ、前走で負かした馬が昨日勝ち上がっているし、赤松賞のレベルが極端に低かったということはないと思う。
父がファルブラヴということもあって色々言われているけども、これがこの馬の実力ではないはず。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<AFC アジアカップ カタール2011 日本代表メンバーについて | Coup de Vent | ジャパンカップのブエナビスタ降着について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |