Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

AFCアジアカップ2011 サウジアラビア×日本戦について

サウジアラビア戦、何でこうなったのか?
単にサウジが弱かった、モチベーションが低かった、チームが崩壊していた、などいろいろ考えられるとは思うが、サウジはヨルダンやシリアのようにガチガチに守るサッカーをしてこなかったというのが、前提としてまず挙げられるだろう。

日本のことで考えれば、松井に代わって岡崎が入ったことが一番大きいだろうね。
あと、本田圭佑に代わって柏木が入ったことも大きい。
柏木が特別にいいプレイをしていたとは思わないけど、彼は特別なことをしなくても、チームにとってマイナスにはならない選手だと思う。
よく顔を出してワンタッチ、ツータッチでシンプルにつなぐし、変に色気を出さない。
チャンスと見ればダイアゴナルに走り込んだり、味方の囮になったり、チェイシングをしたりと、ボールがないところでも仕事ができる。
前半は消えてる時間もあったけど、いい意味で空気になっていた感すらある。
ま、それはうがった見方なんだろうけど、後半は前半よりは目立つようになり、余裕のあるプレイも見せるようになった。

本人からすればいろいろ葛藤もあったとは思うけど、割と自由にやらせてもらっていたようには見えた。
実質代表デビュー戦のようなものだし、こんなもんじゃないかな。
ただ、本田圭より柏木を使った方がボールはよく回るし、プレイスピードは上がる。
本田には本田のよさがあるけども、彼はアジリティが欠けているし、狭いエリアでワンタッチプレイを駆使して、コンビネーションで崩すというサッカーには不向きだと思う。
基本的にボールを持ちたがるし、意外性のある動きやパスも少ない。
まあ、その辺りはどっちが優れていると言うより、個性や好みの問題だけども。

チームとして見れば、1試合目より2試合目、2試合目より3試合目といった具合に試合内容やコンビネーションがよくなってきている。
ややブレーキ気味だった前田も点を取った。
岡崎にいたってはハットトリック。
交代選手も上手く使えた。
香川が乗りきれていない部分はあるけども、全体的にはポジティブなコンディションにあると言えるんじゃないかな。

他のグループに目を移すと、他の組に比べてやや低レベルと見られるA組からは、ウズベキスタンとカタールが決勝トーナメント進出。
ボクは日本がカタールと当たってよかったと思うよ。
だって正直なところ、ウズベキスタン相手に日本が不覚をとるとは思えない。
そういうチームとやるよりは、ホームアドバンテージのあるカタールとやった方が面白い。
ウズベキスタンは普通にやればヨルダンには勝てると思う。

C組はオーストラリアと韓国、どっちが1位になるかという問題。
両国の比較では、韓国の方がいいサッカーをしているし、レベルは高いと思う。
ただ、やってるサッカーの割には決め切れないところがあるので、その辺りがどうか。
ク・ジャチョルが3点取っているけども、ストライカー不在、パク・チソンやイ・チョンヨンも得点力があるとは言い難く、DF面も若干怪しい。
オーストラリアは何でもないところから強引に点取っちゃうからね。

D組はイランが1位、2位はイラクになるだろう。
ゴトビ監督ということでも注目を集めているイランだけど、さすがに韓国やオーストラリアと当たるとキツいかもしれない。
正直、イランが勝つシーンを想像しづらいけども、どちらかというと韓国の方がやりやすいかもしれない。
イラクはどちらと当たっても苦しいだろう。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アジアカップとゴトビと矢野通訳 | Coup de Vent | 気の利いた言い訳を>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |