Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

UEFA EL 2010-2011 決勝トーナメント2回戦 PSG×ベンフィカ 2ndレグ

ベンフィカはボクの贔屓のクラブなんだけども、このチームは攻撃的に行くぶん、たくさんチャンスを作るし、相手にもチャンスが生まれるので、面白い試合になることが多い。
サビオラ、サルビオ、ガイタン、ハラ、ファビオ・コエントラオンらは1対2や1対3でもガンガン仕掛けていくし、カルドーソ、セットプレイの際はルイザオンも高さがある。
彼らを操るのが万能型のアイマールやカルロス・マルティンス、さらにはワンボランチのハビ・ガルシア。
特別なことをやってるわけじゃないけども、攻めのパターンが多彩であるね。

で、このパリ・サンジェルマンとの2ndレグ、ボドメールのボレーも美しかったけども、やはりガイタンの先制ゴールが見事だった。
カウンターから、欲しいところより若干後ろにボールが来て、DFが前の選手に釣られていたこともあり、周りを確認する時間は充分にあった。
その数秒の間に1度中を確認してクロスと見せかけて、アウトにかけたシュートでニアサイドを破ったわけだけども、これはキーパーどうしようもない。
完全にクロスの角度、タイミング、仕草だったからね。
クロスと完全に決めつけたエデルのミスと言えばミスだけども、あれを待って止められるGKはそういないんじゃないかな?

あと、パリでは1stレグに引き続いてネネが目立ってたけど、昔アラベスにいたとき、ブラジル人らしいいい選手だなーと思って見てたのを思い出す。
セルタ時代にはバイアーノ、グスタボ・ロペス、カノッピオらとオフェンス陣を形成してたね、降格したけど・・・。
A代表経験がないのが不思議なくらいだけども、ブラジル代表はウインガーをあまり重用しないからねぇ。

試合そのものは、パリが何度かあったビッグチャンスをモノにできなかったことが明暗を分けた。
いわゆる決定力の問題と言えるね。
CLのマンチェスター・ユナイテッド×マルセイユでも、チャンス自体はマルセイユにもたくさんあったけども、結局それを決めきれるか否かで決まるというか、それが力の差という言い方もできるかもね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<適度に頑張ってますが、何か? | Coup de Vent | UEFA CL 2010-2011 決勝トーナメント1回戦 シャルケ×バレンシア 2ndレグ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。