Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

天皇賞・秋とトーセンジョーダンについて

天皇賞・秋はピンナ騎手騎乗のトーセンジョーダンが優勝。
直線入って先団に取りつくまでの脚がすごかった。
スムーズな競馬だったし、力があるのはわかっていたけど、まさかこのメンバーで勝ってしまうとは思わなかった。

惜しかったのはベリー騎手騎乗のダークシャドウ。
直線で前が壁になり、仕掛けが遅れた。
結果論になるけど、4コーナーで外に出してれば勝てたかな?って気はする。
まあ競馬は生き物だし、追い出しを我慢したぶん、最後きわどく迫れたのかもしれないので、一概にどうこう言えないね。
ただ、そのうち順番が回ってきそうな感じは受けた。

展開を活かした競馬で、横山騎手騎乗のペルーサが3着。
長くいい脚を使ったけど、普通の展開のレースになったときにどうか?という疑念は残るところ。

岩田騎手騎乗、1番人気のブエナビスタは4着。
前が詰まったのは確かだけど、きれいに捌いてきたし、勝ち負けに直結する不利じゃなかったように思う。
外回ってればどうなったかというのはわからないけど、現時点での力は出してるんじゃないかな?

福永騎手騎乗のトゥザグローリーは、ダークシャドウをブロックしつつ、満を持しての追い出し。
騎乗は完璧だったと思う。
最後交わされたのは、力の差ということだと思う。

メンディザバル騎手騎乗のローズキングダムは10着。
内にササッてたように見えたけど、ハイペースが苦しかったのか、別の問題があったのか、ちょっとよくわからない。
ただ、古馬のトップクラスと比べると、ちょっと実力的に劣っているんじゃないかとは思う。

佐藤騎手騎乗のアーネストリーは14着。
大外枠、出遅れ、ハイペースと、今回は仕方ない。
ちょっと負けすぎな気はするけど、舞台や条件が変われば巻き返せるんじゃないかな。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<役所と銀行 | Coup de Vent | AKB48と重低音について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |