Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スーパーファミコン

最近スーパーファミコンに嵌まっている。
実家に戻った際、久しぶりにプレイして面白かったので、そのまま自宅まで持ってきてしまった。
何といってもスピーディでテンポがいいのがいいね。
まあ嵌まっているというほどでもないし、そんなにプレイする時間もないのだが。
対戦格闘アクションやスポーツなどはどうしてもショボさが目立つのだが、ロールプレイングに関してはプレイステーションのソフトよりレベルが高いと思う。
プレイステーションのRPGときたら見にくい3Dマップに、陳腐で理解不能なストーリー、意味もなく8頭身だったり、ポリゴンでカクカクだったり、キャラクターが喋ったり、ムービーであったり、戦闘シーンが長すぎたりと、大多数のソフトがプレイするに耐えない。
そもそもRPGとはファンタジー=幻想であり、幻想に対してリアルを求めるとはどういうこと?という話である。
そういう意味では、シンプルさに少しのリアルさが加わったスーパーファミコンが丁度よかったのだ。
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<言い訳 | Coup de Vent | 終わりと始まり>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |