Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

西村主審の誤審について

ワールドカップの開幕戦、ブラジル×クロアチア戦の疑惑のPKが話題になっている。
あのフレッジがロヴレンに倒されたPKが適切か、不適切かと言われたら、間違いなく不適切。
明らかな誤審と言っていい。
クロアチアの選手や、ニコ・コヴァチ監督が文句を言いたくなるのも当然だろう。

ただ、サッカーという競技自体が誤審だらけのスポーツなので、正直このくらいの誤審は珍しくも何ともない。
Jリーグにしても、毎試合誤審があると言っても過言じゃない。
ま、誤審の定義・線引きが難しいので、何とも言えない部分はあるのだけれども。

もっとも、日本人選手は比較的シミュレーションが少ない(しかも下手)。
そういったシミュレーションが少ないリーグで主に笛を吹いていた主審には荷が重かったのかもしれない。
全員がそうとは言わないが、ブラジル人選手はシミュレーションが多く、しかも自国開催のワールドカップの初戦。
こういったケースは充分に予想できた。
一般的に「買収されない」と言われる日本人審判のクリーンさが買われての抜擢だったのかもしれないが、肝心の技量に問題があったといったところか。
ま、審判なんてたった1つの判定で場合によっては未来永劫ワーワー言われるし、いつだって貶されるばかりで褒められることが非常に少ない損な仕事であるので、その点は同情する。

あと、これは常々言われていることではあるけども、何故ビデオ判定が採用されないのだろう?
テニスやMLBのように「チャレンジ」を採用したらどうだろう?
目まぐるしくボールも人も動くサッカーに於いて、3人の審判で対応できるわけがない。
誤審もサッカーの一部と言う人とは解り合えない。
誤審はただのミステイク、ヒューマンエラーに過ぎない。
そんな欠陥で試合の行方が左右されてはいけない。
世の中は常に進歩しているわけなのだから、サッカーも進歩すべきじゃないかな。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ジオバニ・ドス・サントスの幻のゴールについて | Coup de Vent | デニムアンドルビーのヴィクトリアマイル出走について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |