Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

アヴニールマルシェについて

注目の新潟2歳S。
「ルドルフの再来」と期待されたアヴニールマルシェはハナ差で2着惜敗(しかも1着は善臣!)。
負けて強しの印象ではあるけども、何かもやもやと引っ掛かる感があるね。

ここ数年コディーノ、ペルーサ、カジノドライヴら“スター候補生”たちが期待ほどの成績を残せなかった前例があるし、藤沢厩舎=勝負弱いというイメージも定着している(NHKマイルCのロサギガンティアは鞍上のせいだが)。

コディーノはともかく、ペルーサとカジノドライヴは間違いなくGⅠを勝てるだけの力があった。
それなのに一つも獲れないなんて・・・というのがファン心理であるよ。
レッドシューターやレッドレイヴンあたりも期待された割には重賞すら勝てなかったし(レイヴンはまだ現役だけども)、同じ馬主で言えばレッドスパーダも息の長い活躍を続けてはいるけど、レース選択とか色々間違った感がある。

もちろんそれなりに結果は出しているんだけども、かつての藤沢厩舎を知る世代の人間からすると、何か物足りない。
タイキシャトルやシンボリクリスエスみたいな馬がポンポン出てくるわけはないのは解っているけども、物足りない。
入厩する馬の血統が豪華なだけに、物足りない(サドラーズウェルズとかモンジューとかガリレオとかは仕方ないが)。

騎手も物足りない。
主戦騎手は北村宏司。
かつての所属騎手であり、当然と言えば当然なのだが、岡部やペリエ、デザーモなどかつて重用していた外国人騎手と比べると物足りない。
岡部と北村。
どこが違うのか?
同じ人間じゃないか(無茶な話だというのは解ってはいるが)?
あの岡部の、先行して、馬なりのまま4コーナーを回って、直線半ばで余裕の手応えで前を行く馬を交わす騎乗(もちろん馬が強いという前提が必要な話ではあるが)が懐かしい。

まあ、少なくとも今回の敗戦で、「アヴニールマルシェは本当に大物なのか?」という疑問に回答を出すことはできなかった。
祖母はキョウエイマーチで血統的な裏付けはある。
母ヴィートマルシェはPOGの指名馬だっただけに、個人的に思い入れがある。
いわゆる“藤沢厩舎らしい”血統ではないが、今後の走りに期待したい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<メイズイについて | Coup de Vent | MALICE MIZER>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |