Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

PENICILLIN

90年代後半、世は世紀末。
そしてヴィジュアル系全盛期。
右も左もヴィジュアル系というか、バンド≒ヴィジュアル系といった時代である。

今回取り上げるPENICILLINは、いわゆる“ヴィジュアル系四天王”に次ぐ認知度を誇っていたのではないか(実際、知名度は四天王のFANATIC◇CRISISより高いと思われる)?
それもこれも『ロマンス』というスマッシュヒットをぶちかましたことが大きい。
何せ当時人気の深夜番組であった『ワンダフル』内で放送された大人気アニメ『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』の主題歌に抜擢。
曲の出来が良かったのはもちろんだが、このあまりにもシュールな組み合わせがバカ受け。
あまりのインパクトに一躍お茶の間の人気者?となった。

しかしこのバンドは断じて一発屋ではない。
音楽的にはキャッチーなメロディラインと、シンセサイザーのキラキラした音が随所に入ってるのが印象的であり、アレンジの巧みさが伺える。
ギターの千聖はヴィジュアル系の中では腕利きのギタリストと評されており、うねるようなギターソロはなかなかのものである。
また、ヴォーカルのHAKUEIのクスリでキマッているかのような動きであったり、ドラムのO-JIROの存在感(違和感)も見逃せない。
特にO-JIROはLUNA SEAの真矢、La'cryma ChristiのLEVINと並び、ヴィジュアル系3大ネタドラマーとして君臨し、ヴィジュアル系バンドに於けるドラマーのイメージ低下に貢献した。

まあ、それはともかく「ああ、そういえばそんなヴィジュアル系バンドもいたな」で片付けるには惜しいバンドである。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ジャマイカ戦、ブラジル戦の日本代表メンバーについて | Coup de Vent | キリンチャレンジカップ 日本×ベネズエラ戦について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。