Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

国際親善試合 日本×ブラジル戦について

GK 川島
DF 酒井高、塩谷、森重、太田
MF 田口、柴崎→鈴木、森岡→本田
FW 小林→武藤、岡崎→柿谷、田中→細貝

昨日のブラジル戦だけども、試合内容は見ての通り。
まあ、力の差がありすぎた。

これは今に始まった話じゃないけど、いわゆる強豪国と日本の何が違うかと言うと、一番はパスのレンジであり、その正確さ、パススピードであるのよね。
ブラジルが大きな展開のロングパスをいとも簡単に通してたのに対し、日本はそういったサイドチェンジのパスの本数自体が少ない。
どうしても各駅停車、同じリズムでのショートパス、グラウンダーの小さな展開が多いんだよね。
それは日本のカラーではあるんだけども、結局は正確でスピードのあるロングパスを蹴れない、あるいは止められない、コントロールできないといった技術的な問題が確実に存在すると思うのよね。
別にショートパスが悪いというのではなく、ロングボールで振っておいてショートパス、ワンタッチのコンビネーションから決めるとか、バリエーションが欲しいということ。
そして、それは格下や同格の相手にはできてるんだけども、今回のブラジルのような格上相手には全くできない。
通用しない。

あと、日本の選手が劣悪なピッチにかなり苦戦していたのに対し、ブラジルの選手はお構いなしにボールを回していた。
これも技術の差だよね。
柴崎にしても、森岡にしても、単純な足元の上手さ、テクニックでは負けてないと思うんだよ。
ただ、何と言うかな。
悪いピッチコンディションや、相手のプレッシャーがかかった場面では技術を発揮できない。
このクラスの相手になると、時間もスペースもそう与えてくれない。
そういった中でいかに崩していくか、技術を発揮していくか、ミスを防ぐか。
ま、これも経験だろうね。

ただ、例え香川がいても、本田が先発していても、結果は変わらなかったと思う。
そのくらい実力差があった。

良かった点を挙げれば、岡崎が頑張ってある程度キープできていたこと。
あと、太田のクロスには可能性を感じた。
こぼれ球を小林がダイレクトで打ったシーンは入ったかと思った。
田中の意外性あるプレイもよかった。
前半終了間際のCKから強引にボレーシュートを打って塩谷の前にこぼれたシーンとか、後半岡崎にワンタッチでふわっと浮かせたスルーパスとか、断片的ではあったけど、非常にらしさを感じさせるプレイだった。

まあ、国際試合での経験値が少ない選手たちが身を持って“世界”を体験できたという点では有意義な試合だったんじゃないのかな?
ジャマイカ戦と合わせたこの2戦、アギーレ監督にとってはいいテストマッチだったと思うよ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2014 天皇賞・秋について | Coup de Vent | 2014 毎日王冠について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。