Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

2014 天皇賞・秋について

天皇賞・秋を勝ったのはスピルバーグ。
イスラボニータが勝ったかなと思ったら、大外から一頭違う脚で並ぶ間もなく差し切ってしまった。
東京巧者で、前走も脚を余しての3着だったが、正直ここまで力を付けているとは思わなかった。

ジェンティルドンナは終始先団のインで脚をため、直線は若干狭くなったもののロスのない競馬で2着。
力は出し切っている。

一番強い競馬をしたのはイスラボニータだろう。
外枠からポジションを取りにいって、直線満を持して抜け出しを図ったが、最後は止まってしまった。
横綱相撲をした分の負けであって、この馬も力は出し切っている。
ただ、今後どういう路線で行くのか知らないけど、追い出してから案外だったのはちょっと気になるところ。

さて、天皇賞・秋の前哨戦と言えば毎日王冠と京都大賞典だが、今年は両レースの1、2着馬が出走しないという極めて珍しい現象が発生した。
しかも両レースの勝ち馬の次走が2000mのGⅡ金鯱賞というのだから驚きだ。
特にエアソミュールは結果的に前走で負かした馬が勝ってるわけだし、血統的にもジャングルポケット産駒で東京は合う。
馬主の意向とか、厩舎の使い分けとか色々言われてはいるけど、この馬が回避しなければ勝ち馬が出走できなかったという現実もある。
きな臭いと言えばきな臭いね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<日刊スポーツのSKE48 リクエストアワーの記事について | Coup de Vent | 国際親善試合 日本×ブラジル戦について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |