Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

AFCアジアカップ2015 日本×パレスチナ戦について

酷い試合だった、というのが率直な感想。

実力差のある相手に対してミスを連発。
終始テンパってて、落ち着きのないゲーム運び。
パスを出してはカットされ、クロスを上げては跳ね返され、カウンターを仕掛けてはスピードダウン、無理やり撃ったロングシュートは大きく枠外・・・という光景が何度も繰り返された。
特に後半はずーっとストップ→パス→ストップ→パス→取られる→取り返す→パス→ストップ・・・の繰り返し。

前回大会チャンピオンの余裕みたいなものはどこにもなく、実に退屈でつまらない試合だった。
結果以外に収穫のない試合だったけども、逆に言えば良くなかったということが収穫なんじゃないの?

例えば、突破力のない本田と酒井高徳の右サイドで攻撃を創るのは難しいということがハッキリしただろう。
本田がボールを持つ度にゲームが止まるし、酒井に1対1や1対2の状況を打開しての良質なクロスなど期待できない。
そもそも酒井といい、長友といいクロスが下手すぎる。
このメンバーでやる以上、クロスからの得点は期待できない。

そして遠藤の必要性である。
情けない話だが、今月で35歳になるこのベテランなしに日本代表は機能しないことがハッキリした。
少なくとも、非効率的なオナニープレイに終始し、たまにゴール前に顔を出したと思ったらころころ転がってる香川、パスすらまともに通せない清武の同時起用は自殺行為である。
長谷部も含め、中盤3人のチョイスは大会後も試行錯誤が続くだろうな。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<次期日本代表監督の選定について | Coup de Vent | スポニチのアギーレ批判について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |