Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

キリンチャレンジカップ 日本×チュニジア戦について

GK 権田
DF 酒井宏→内田、吉田、槙野、藤春
MF 長谷部、山口→今野、清武→香川
FW 永井→本田、川又→岡崎、武藤→宇佐美

短い準備期間ながら、ハリルホジッチ新監督の目指すサッカーがよく見えた試合だった。
スタメンに関しては、目指すサッカーの方向性に合ったメンバーとも取れるし、まだ手探りということも言える。
親善試合ではあるけども「勝ちにこだわる」ということだったので、戦略的な部分と、一種のパフォーマンス的な部分、両方だったんじゃないかな。

結果的には香川、本田、岡崎が入ってボールが回るようになり2得点。
ま、これは今までずっとやってきた関係だから、他のメンバーと比べて連携がスムーズに取れたということ。
彼らの出来が特別良かったとは思わない。
香川なんて相手がバテてスペースができたから自由に動けただけだろう。

1点目の起点となったシーンで本田に出したパスは、本田のスピードを考えると明らかにミスパス。
あれは体勢を崩しながらきちんとゴール前に上げた本田を褒めるべき。

2点目の起点となったシーンなんてまさに香川の中途半端さというか、自己満足感が出たシーン。
あれはシュートだろう。
いくら香川がオナニー野郎でも、GKと相手DFしかいないゴール前にクロスは上げない。
GKの位置を見てファーサイドに軽く流しこもうとしたんだろうが、いかんせんシュートが軽すぎた。
たまたま意表をつかれたGKが本田の前に弾いただけ。
しかしこのシーンは香川にも大いに弁解の余地がある。
なぜなら、香川を除いてペナルティエリアに日本の選手が3人いるのに、誰もゴール前に飛び込まず、岡崎と宇佐美なんてゴールから離れたところでマイナスのグラウンダーのクロスを要求してやがるからだ。

あのシーン、香川の前にはDFが1人付いており、遅れてもう1人追いかけてきている。
さらに、岡崎、宇佐美、ファーで待っていた本田に対しては3人のディフェンスが並んでコースを切っており、クロスを通す隙間はない。
香川としては、宇佐美と岡崎がパス&ゴーでゴール前に詰めているはずだと思ったが、ゴール前を見たら誰もいないという想定外の事態に困惑し、とっさの閃きでトリッキーではあるがやや無理のあるシュートを選択せざるを得なかったといったところだろう。
香川がシュートした瞬間、「何やってんだコイツ」的な態度で止まっていたスカポンタン2匹(特に宇佐美)のプレイは頂けない。

脱線したが、香川、本田らの投入は目先の勝利にこだわった采配であり、今後この2人が起用される保証などない。
特にスピードがなく、ロシアワールドカップ時には32歳になっている本田は有力なリストラ候補だ。
そういった意味では、長谷部や今野、川島なんて論外。
年齢でサッカーする訳じゃないが、徐々に世代交代が図られていくことだろうよ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<EAFF東アジアカップ2015について | Coup de Vent | 次期日本代表監督の選定について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |