Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ウォーエンブレムの種牡馬引退とシビルウォーについて

先日、ウォーエンブレムが種牡馬を引退し、功労馬としてアメリカへ帰国するというニュースが流れた。
まあ残念な結果に終わったけども、数少ない産駒成績が異常なまでに優秀だっただけに、とてももったいない種牡馬だった。

秋華賞馬ブラックエンブレムや、阪神JFを勝ったローブティサージュ、唯一の後継種牡馬のシビルウォーあたりが代表産駒と言えるんだろうけども、個人的にはクランエンブレムやショウナンアルバ、エアパスカルといった期待させておいて急に走らなくなった馬が多い種牡馬という印象が強い。
その代表格がウォータクティクス。
未勝利から大楽勝を続けてアッという間にオープンまで出世し、GⅢアンタレスSを難なく勝利し重賞制覇。
今後が期待された矢先、1番人気に推された東海Sでまさかの殿負けを喫し、以後立ち直ることなく引退した。
現実は厳しく、一時は無限の可能性を感じさせた同馬や、良血馬キングスエンブレムも種牡馬入りすることはできなかった。

だからこそ、唯一の後継種牡馬になるであろうシビルウォーにはウォーエンブレムの父系を繋ぐ義務がある。
シビルウォーの母系はSadler's Wells、Riverman、Graustark、Princequilloと遡る重厚なコテコテの欧州血統。
ウォーエンブレム産駒にしては珍しい配合なだけに、どんな産駒が出るか非常に興味深い。
自身はダート馬だったが、芝を走る馬も出てくるだろうし、繁殖牝馬の質次第では非常に面白い種牡馬になると思う。
というか、そういう種牡馬にしないといけない馬だと思う。
グローバルな血統だけに、グローバルに活躍する産駒を輩出し、後継種牡馬を残すこと。
それが日本競馬界の責務と言えるんじゃないかな。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<EAFF女子東アジアカップ2015 北朝鮮×日本 | Coup de Vent | EAFF東アジアカップ2015の日本代表追加招集メンバーについて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。