Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

X -エックス-

アニメ感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2001~2002年に放送された『X -エックス-』。

運命の元に集いし超能力者たちが、“天の龍”と“地の龍”に分かれて戦うサイキックバトルアニメであるね。
あと、若干ホモッぽい。

ストーリーは劇場版とは全然違うね。
序盤は各キャラクターの紹介なんかをしながらダラダラと進み、中盤からいよいよ物語が動き始め、終盤までは良かったんだけども、最終回で台無しにしてしまった。
2クール使ってその最終回はないだろうと。
まあ、終盤急ぎ足で話数足りなかった感はあるね。

作品全体としては回想シーンが多い。
佐藤直紀の音楽は良いが、メインテーマである『運命』が流れるシーンがやたら多く、1話につき1回くらいのペースで流れる。
登場人物がいつの間にか戦闘不能になってたり、死んだり、死んだと思ったら生きてたりする。
登場人物の強さにバラつきがあるのがリアル(主人公の神威や護刃が糞弱かったり、空汰がラスボスの封真の身体半分を消滅させるくらい強かったり)。
登場人物の名前が、あまりにもキラキラネームすぎる(読めないし、苗字までキラキラでどうしようもない)。

キャラクター的には敵である“地の龍”の方が人間臭いというか、味のあるキャラクターが多いかな?
遊人とかいいね。
サバサバというか飄々とした感じだし、何より公務員だし。
征一狼なんかもそうだけど、普段は普通に職場で働いてるっていうのが何かいいね。
でもやっぱり牙暁のような人生がいいかな?
ずっと眠ってるだけだからね・・・。

まあ、それなりには面白いけど、そんなに感動できるようなアニメではないかな?
BGMの『運命』は感動できる曲だけども。
ただ、颯姫の「どうして人間を殺してはいけないの?」のくだりは案外深いというか、共感できる部分で印象に残った。
あと、バトルマニアな星史郎絡みのシーンで桜の花びらが舞うシーンとか、大して意味もなく羽根が舞う演出が結構好きだったりするね。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<WOLF'S RAIN | Coup de Vent | GUNSLINGER GIRL>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |