Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

SoltyRei

アニメ感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2005~2006年に放送された『SoltyRei(ソルティレイ)』。

記憶喪失の機械少女ソルティと、12年前に行方不明になった娘を探すハンターのロイを中心に繰り広げられるハードボイルドでハートフルな作品かと思ったら、中盤辺りから物語が急に訳の解らない方向へ飛んでしまったB級アニメである。
『LAST EXILE』なんかもそうだが、このアニメ制作会社の作品は何故終盤で壊れてしまうのだろうか?
終盤はあまりにも急展開すぎてポカーンって感じである。

3DグラフィックはさすがGONZOといった感じで綺麗であるね。
あと、ソルティの耳がぴょこぴょこ動くのがかわいい。
また、腐ったロイがミランダに何度も拳で殴られるシーンは笑えた(普通平手だろ)。
アシュレイが死んで仮面が外れた際、リゼンブルの光沢を涙に見立てた演出も良かった。

総括すると、前半~中盤まではまあまあ面白いが、中盤~終盤は0点である。
先に述べた通り、あまりにも急展開すぎるし、ソルティ(ディケ)が記憶を取り戻した過程も描かれていない。
何故ディケがエウノミアやエイレネと違って人間の形をしているのかもよく解らないし、何より純粋につまらない。

終盤の時系列をバラバラにしたのも、かえって視聴者を混乱させている。
ラリーが生きていたのもおかしい。
常識的に考えたら死んでいるはずだ。
最終回で強引にハッピーエンドにまとめているが、騙されんぞ。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ホープフルステークスのGⅠ昇格について | Coup de Vent | カレイドスター 新たなる翼>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。