Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

爆裂天使

アニメ感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2004年に放送された『爆裂天使』。

実は、もっと早い段階で見返す予定だったのだが、「多分これは苦行になる」という理由で後回しにした経緯がある。
で、実際問題、もう、本当に苦行だった。
見るのが面倒くさすぎて、最終回まで見るのに3週間以上かかった。
まあ、それぐらい酷い作品だったということ。

ストーリーは基本的に2話くらいで完結する話を繰り返していく感じ。
毎回メグがさらわれて、ジョウが救出するという様式美が確立されており、良くも悪くもワンパターン。
あと、毎回サブタイトルがやたら物騒。

で、まあ序盤は何とか我慢して見れたんだけども、中盤くらいからかったるくなってきて、唐突に侍が出てきた辺りで「もう無理」って感じになった。
終盤はもう無茶苦茶。
展開の速さというか、雑さについていけない。
最終回も消化不良で、どうなったのかよく解らない終わり方。

2クール使ってストーリーをまとめきれず、「一体何がしたかったんだ?」って感じ。
GONZOの作品らしくCGは綺麗だったけど、もう本当にそれだけ。
実に酷い作品だった。
このアニメを見るという苦行から解放されて本当に良かった。
ありがとうGONZO。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2017 クラシック戦線について | Coup de Vent | ホープフルステークスのGⅠ昇格について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Coup de Vent |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。