Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

2017 クラシック戦線について

今年もクラシックの季節がやってきた。
チューリップ賞と弥生賞が終わり、「だいたい力関係が見えてきたかな?」って感じだね。

まず牝馬はソウルスターリングが1枚抜けている。
先行抜け出しのレースぶりにも隙がなく、普通に乗れば桜花賞は間違いないんじゃないかな?

アドマイヤミヤビも強いけど、ソウルスターリングと比べるとどうかな?
ミスエルテは直行というローテーションがマイナス材料。
ファンディーナとホウオウパフュームはどうやら桜花賞はパスして、オークス狙いみたいだね。

牡馬は混戦と言われているけども、スワーヴリチャード、ブレスジャーニー、レイデオロの3頭の争いと見ている。
スワーヴリチャードは共同通信杯の勝ち方が非常に強かった。
まあ、2着に負けた新馬戦から凄い脚使ってたし、前走のようにある程度好位からの競馬もできる。
強いて言えば、スタートに難があるのが弱点だね。

ブレスジャーニーも強烈な末脚が持ち味だね。
かなり苦しい位置取りからスワーヴリチャードとムーヴザワールドを差し切った東京スポーツ杯2歳Sは価値があるし、サウジアラビアRCも含めて、強い相手と戦って完勝しているのは強み。
あとは中山がどうか?という点だろうね。

レイデオロは3頭の中では1番大物感というか、レースセンスの良さを感じるね。
皐月賞直行というのは大きなマイナス材料だけど、前述の2頭と比べて中山向きの馬ではあるね。
ただ、これまで負かした相手があまり走ってないのは気がかりなところ。

他の有力馬では、サトノアーサーはきさらぎ賞で2着に負けたけども、良馬場ならまだ見限れない。
朝日杯FSを勝っているサトノアレスはそんなに強くないと見ている。
弥生賞を勝ったカデナからも大して強さを感じない。

あと、1つ気になるのが、牡馬の場合、有力馬がみんな後ろから行く馬ばかりという点。
皐月賞では伏兵の前残りがあるかもしれないね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

爆裂天使

アニメ感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2004年に放送された『爆裂天使』。

実は、もっと早い段階で見返す予定だったのだが、「多分これは苦行になる」という理由で後回しにした経緯がある。
で、実際問題、もう、本当に苦行だった。
見るのが面倒くさすぎて、最終回まで見るのに3週間以上かかった。
まあ、それぐらい酷い作品だったということ。

ストーリーは基本的に2話くらいで完結する話を繰り返していく感じ。
毎回メグがさらわれて、ジョウが救出するという様式美が確立されており、良くも悪くもワンパターン。
あと、毎回サブタイトルがやたら物騒。

で、まあ序盤は何とか我慢して見れたんだけども、中盤くらいからかったるくなってきて、唐突に侍が出てきた辺りで「もう無理」って感じになった。
終盤はもう無茶苦茶。
展開の速さというか、雑さについていけない。
最終回も消化不良で、どうなったのかよく解らない終わり方。

2クール使ってストーリーをまとめきれず、「一体何がしたかったんだ?」って感じ。
GONZOの作品らしくCGは綺麗だったけど、もう本当にそれだけ。
実に酷い作品だった。
このアニメを見るという苦行から解放されて本当に良かった。
ありがとうGONZO。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ホープフルステークスのGⅠ昇格について

前々から言われていたことだが、ホープフルSのGⅠ昇格が正式に決定した。

これにより考えられることを並べると、まず、朝日杯FSのレベルの低下が挙げられる。
牡馬クラシック戦線を見据える馬は、ほとんどホープフルSに回るはず(変則日程を嫌がる陣営もいるだろうけど)。
朝日杯FSに出走する馬は、早い段階で距離適性が明確になっているマイラーやスプリンター、中山遠征を嫌がる関西馬、クラシック戦線に加わるにはやや力が劣る馬といったところか。
当然、最優秀2歳牡馬の票も割れることになる。

レベルの低下に伴い、牝馬の参戦も増えそうであるね。
むしろ本当に強い牝馬は、阪神JFよりこちらを選ぶかも(特に関西馬)。

で、まあこれ、距離体系のしっかりしている欧州だと機能するんだろうけどさ、日本でやっちゃうとどうなんだろうね?
欧州だと、牡馬クラシック初戦が1600mの2000ギニーだけど、日本では2000mの皐月賞なんだよね。
NHKマイルCはあるけど、近年はNHKマイルCの価値自体が怪しくなってるからねぇ・・・。

まあ、実際にやってみないと解らない部分はあるけど、正直「他にGⅠや重賞への昇格や、条件の見直しを考えるレースがあるだろ?」って感じではあるね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

SoltyRei

アニメ感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2005~2006年に放送された『SoltyRei(ソルティレイ)』。

記憶喪失の機械少女ソルティと、12年前に行方不明になった娘を探すハンターのロイを中心に繰り広げられるハードボイルドでハートフルな作品かと思ったら、中盤辺りから物語が急に訳の解らない方向へ飛んでしまったB級アニメである。
『LAST EXILE』なんかもそうだが、このアニメ制作会社の作品は何故終盤で壊れてしまうのだろうか?
終盤はあまりにも急展開すぎてポカーンって感じである。

3DグラフィックはさすがGONZOといった感じで綺麗であるね。
あと、ソルティの耳がぴょこぴょこ動くのがかわいい。
また、腐ったロイがミランダに何度も拳で殴られるシーンは笑えた(普通平手だろ)。
アシュレイが死んで仮面が外れた際、リゼンブルの光沢を涙に見立てた演出も良かった。

総括すると、前半~中盤まではまあまあ面白いが、中盤~終盤は0点である。
先に述べた通り、あまりにも急展開すぎるし、ソルティ(ディケ)が記憶を取り戻した過程も描かれていない。
何故ディケがエウノミアやエイレネと違って人間の形をしているのかもよく解らないし、何より純粋につまらない。

終盤の時系列をバラバラにしたのも、かえって視聴者を混乱させている。
ラリーが生きていたのもおかしい。
常識的に考えたら死んでいるはずだ。
最終回で強引にハッピーエンドにまとめているが、騙されんぞ。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カレイドスター 新たなる翼

アニメ感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2003~2004年に放送された『カレイドスター 新たなる翼』。

前回紹介した『カレイドスター』の続編だが、基本的に内容は前作と変わらない王道のスポ根アニメであり、レビューも前作と一緒くたにした方が良かったかもしれない。

新キャラとして、メイとレオンが登場したけども、あまり良くなかったね。
メイはとにかく言動が生意気で、見ていてイラついたし、レオンも自己中な上、結局最後までキャラが立たなかった。

レギュラーキャラに昇格したロゼッタとかもそうだけど、この作品は基本的にあんまりキャラが立ってないね。
カロスなんか主要人物のくせに、「いてもいなくても同じだろ」って感じだし。
逆に、キャラが立っていたシャーロットとジュリーは登場機会が激減してもったいない感じがしたね。
ミアやアンナも登場機会が多い割に、扱いは悪くなった印象(特にアンナ)。

前作中盤から大きく株を下げたユーリは、必然的に株を上げたね。
「今更のこのこ出てくるか?」って感じはあったけども、少なくともレオンよりはキャラが立っていたし、カッコ良かった。

総括すると、序盤は主にメイがウザくてつまらない。
「なんですか、これ?」って感じ。
中盤以降はそれなりに面白いけど、何だか毎回同じキャラが出てきて、似たようなことを繰り返してる感じ。
カレイドステージに何人いるのか知らないけど、もっといろんなキャラクターを出した方が新鮮味が出たんじゃないかな?
正直、マンネリ感は否めなかった。

ただ、前作も含め、総合的に見れば、見て損はない良質なアニメと言えるんじゃないかな?
あと、このアニメ制作会社はやたらメカとかロボットを出したがるイメージだけど(巌窟王にすらロボットみたいなものを出す始末)、それを思いとどまったのはいい判断だったと思う。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | Coup de Vent | NEXT