Coup de Vent

サッカー、競馬、アニメ、音楽、その他日々の生活で感じたことなどについて、好き勝手に放言しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

EAFF E-1サッカー選手権2017(女子) 日本×北朝鮮戦について

北朝鮮相手に予想通りの完敗を喫した訳だけども、大会を通しての感想は、「こいつらサッカーしてないな」ということ。
それはサムライブルーにも言えることだけども、中身がちょと違う。

男子の場合は、主にやってるサッカーがくだらないという意味だけど、女子の場合は根本的に問題があるという意味。
技術的な部分であったり、フィジカル面でなでしこジャパンが弱いのは、大会が始まる前から解っていた。
ただ、このE-1を見て1番感じたのは、全然動けてないってこと。

例えば、オフェンス時に2トップと両サイドハーフの4人が前で張ってしまい、ボールを貰いに来る選手や、裏を取る動きをする選手が皆無なので、パスの出しどころがない。
だから、仕方なく横パスやバックパスで作り直すか、無理なパスを出してカットされる。
カットされた場合、日本は4トップ状態なので、一気にロングカウンターに持っていかれて後ろが数的不利の大ピンチに陥る。
あまりにもお粗末としか言いようがない。

そういう状態なので、当然相手を崩すパターンもない。
これがもう全くない。
個人技で1人2人交わせる選手がいれば話は別だが、今の日本にそんな選手はいない。
サイドバックも全くと言っていいほどオーバーラップしないから、数的優位を作れるポイントがない。
だから決定機が全然作れない。
もうこれは重症。
システムとか選手の質以前の問題。
根本的に走れてない。
運動量が足りない。

あと、絶望的に視野が狭い。
サイドがフリーになってもそこは使わず、相手DFが密集しているところに突っ込んでいく。
左に持ち出せば相手ディフェンスを剥がせるのに、わざわざ相手DFが密集している右にカットインする。
まあ、ほぼ岩渕と田中美南のことだけども。

システムの話をすると、ダブルボランチの4-4-2なんだけど、どういう訳か選手の距離感が非常に悪い。
ディフェンス時は、中盤と前線の距離があまりにも遠く、常時2トップが孤立した状況になる。
さらに何故か2トップの距離も離れていて、岩渕と田中のポジションが異常に遠い。
片方が下りてきてボールを受けに来るとか、そういった動きもない。
だから前線でボールをキープできず、セカンドボールを拾われて波状攻撃を受ける。

オフェンス時は、前述のように両サイドが高い位置を取って4トップ状態になり、渋滞が発生。
DFラインの押し上げもないので、ラインが間延びした形になる。
たまに櫨が気を利かして中央でプレイする場面もあったけど、基本的にはオリジナルポジションをキープするので、相手からすると守りやすい。
FWが下りてきたところに、籾木が出ていくパターンも1回くらいしか見られなかった。

DF陣に関しては、CBが本職の高木を右SBで起用し、左SBが本職の鮫島を左CBで起用。
ボランチが本職で、代表では左CBに入ることが多かった宇津木は左SBで起用された。
この起用がちょっとボクには理解できない。
高木や宇津木は根本的にセンタープレイヤーで、サイドバックとしてのポジショニングが非常に悪い。
逆に鮫島は生粋のサイドプレイヤーで、元々前線の選手ということもあり、守備力そのものが低い上に、センターバックとしてのポジショニングが悪い。
高木は以前から代表では右SBだったが、今回鮫島と宇津木のポジションを入れ替えたのは理解に苦しむ。
日本の弱点であるDFラインの裏をカバーするのが目的だったのだろうが、正直、東アジアレベルでは、スピードでちぎられたり、簡単に裏を取られることはない。

戦術面で語れることは少ない。
オフェンス時に、まず田中に当てるのか、裏を狙うのか、中盤でポゼッションするのか、全く見えてこない。
繰り返しになるけど、前線に動きがないので、コンビネーションで崩すことはできない。
DF陣は誰もビルドアップに参加できず、阪口はバランスを取っているので、基本的に隅田が1人でボールを展開せざるを得ない。
比較的器用な選手とはいえ、あまりそういうことに長けた選手ではないと思うが・・・。
ディフェンスもどこから行くのか、奪いに行くのか、遅らせるのか、どうコースを限定して守備をハメていくのか、そういった組織立った守備戦術はほぼないね。
少なくとも、ボクの目には見えてこなかった。

まあ、ワールドカップは枠が多いから出場できないなんてことはないだろうけど、高倉監督が就任して1年半でこの有様。
ちょっと厳しいね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

EAFF E-1サッカー選手権2017 日本×中国戦について

ボクは、ハリルホジッチの日本代表のサッカーは、徹底して相手の裏を狙うチームだと思っていた。
だが、どうやら違ったようだ。
少なくとも、昨日の中国戦は、相手DFラインの背後を突こうというサッカーではなかった。
ただ単にGKやDFラインから前線の小林悠めがけてロングボールを放り込む、いわゆる縦ポンサッカーだった。
日本代表で、ここまであからさまな縦ポンサッカーは見たことがない。

細かいことを言うとキリがないが、まずCBの昌子と三浦のポジショニングや判断がおかしい。
味方のパスコースを作ったりという動きは皆無で、ノープレッシャーでも、何かに憑りつかれたかのようにロングボールを蹴りまくっていた。
右SBの植田は、急造ということを考えれば及第点の働きだった。
彼もポジショニングや判断力に難があったが、本職のSBではないので仕方がないだろう。
左SBの山本は最低に近い出来だった。
頑張っているのは伝わってきたが、何度も1対1でブチ抜かれていたし、それに対する周囲のカバーもお粗末なものだった。

中盤は何もなかった。
今野は「とりあえず言われたことはしました」って感じで、アンカーとして気の利いたプレイやポジショニングは皆無。
怪我で途中交代した大島は置いといて、代わりに入った井手口は判断、プレイの精度、守備、全てに於いて酷い出来だった。
倉田は何をしていたのかよく解らなかった。
しかしこの3人、攻撃面でも、守備面でも、全く連動した働きができていたなかった。
特に守備面で、相手に対するプレッシャーが遅いというか、甘い。
守備的なユニットにも関わらずだ。

伊東は案の定、ほとんど効果的な仕事ができなかった。
周りのサポート不足もあるが、クロス精度は低く、カットインや味方を使うプレイも皆無。
土居は彼なりに普通にプレイできていたと思う。
倉田と絡んで、いい感じでパス交換できていたシーンもあった。
もっとも、それ以上でも、それ以下でもないが。
小林悠はある意味縦ポンサッカーの被害者。
頑張って競ってはいたが、さすがに高さで劣るので、競り負ける→セカンドボールを拾われる→日本ピンチになるのパターンを繰り返していた。
何度かあったチャンスもことごとく外し、最後にごっつぁんでやっとゴールを決めたが、評価としては難しい。

一昨日のなでしこJAPANも相変わらず酷いサッカーに終始していたが、それと同等か、それ以上に酷い試合だった。
本気で眠くなったもん。

これを「美しいサッカーだった」と言えるハリルホジッチの感性には脱帽だわ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

EAFF E-1サッカー選手権2017の日本代表メンバーについて

E-1選手権の日本代表メンバーが発表された。

GK 東口、権田、中村
DF 山本、西、谷口、車屋、昌子、植田、三浦、初瀬
MF 今野、髙萩、清武、大島、三竿、井手口
FW 小林悠、倉田、金崎、阿部、杉本、伊東

GKは川島と西川が呼べないので、権田と中村が復帰。
「西川を呼べないのが残念」とか言ってたし、正直、今回招集した3人にはあまり興味がないのだろう。

DFは鹿島の4バックをそのまま招集するという、手抜き選出。
注目すべきは、昌子の序列がCBの3番手まで落ちていたこと。
代表キャップのない三浦や植田より下な訳であり、よっぽど信用を失っているのだろう。

MFも投げやりな6人。
守備的MFは序列の1番手に三竿が入っていたが、これは故障した山口を急遽三竿に変更したという証拠だろう。
攻撃的MFでは清武が序列の3番手で復帰。
ハリルホジッチは常々清武のパフォーマンスに苦言を呈していただけに、西野あたりが入れたんだろう。

FWは杉本とその他大勢といったところ。
最近のハリルホジッチの発言から、杉本がロシア行きのチケットを手中にしていることはほぼ間違いない。
あとは、伊東に少し期待って感じだろう。

ずいぶんと所属クラブが偏った人選になったが、10位のガンバから6人も選ばれているのは疑問。
CBの序列1番手の三浦とか、ぶっちゃけ代表レベルじゃないだろ?

あと、ハリルホジッチから全くと言っていいほどやる気が感じられなかった。
いつも代表発表記者会見はハイテンションで捲し上げるように喋っているが、今回はそういった熱さはなく、「心の底からどうでもいい」といった感じに映った。

正直、このメンバーでは優勝は厳しいだろう。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ブラジル戦、ベルギー戦の日本代表メンバーについて

ブラジル戦とベルギー戦の日本代表メンバーが発表された。

GK 川島、東口、西川
DF 長友、槙野、吉田、酒井宏、酒井高、車屋、昌子、三浦
MF 長谷部、倉田、森岡、長澤、山口、遠藤、井手口
FW 興梠、乾、大迫、原口、杉本、久保、浅野

GKは西川が復帰して以前の3人に戻った。
西川に関しては、このところ「パフォーマンスが上がってきた」とハリルホジッチが復帰を匂わせていたので、妥当な選出と言える。
ハイチ戦では3失点を喫した東口だが、それでもハリルホジッチやルグシッチGKコーチの評価は中村より上ということだろう。

DFは前回とほぼ同じメンバー。
植田が三浦に代わったが、出場機会は恐らくないと思われる。
車屋に関しては、左利きのSBがどうしても欲しいということだろう。

MFは旬なメンバーに変えてきたね。
守備的MFは長谷部が復帰したけど、コンディションが気になるところ。
攻撃的MFでは、招集が噂されていた森岡と長澤を予想通り選出する一方、右足小指を骨折している倉田を強行選出。
香川の選外より、むしろ倉田の方が気になったし、その件についてハリルホジッチからのコメントも、記者からの質問もないことに驚いた。

FWも前回とほぼ同じメンバー。
最近のハリルホジッチの発言から、興梠の選出は予想できたし、岡崎と本田に関しては、サウジアラビア戦の起用と前回の代表漏れから、ハリルホジッチに見限られているのは明らかだった。
武藤に関しては、単純な指揮官の評価もあるだろうけど、今回は杉本にハイレベルな相手を経験させたいという意図が強かったんだろう。

ハイチ戦後は「次は全員変えるかもしれない」とか言っていたけど、ふたを開けてみれば「そうは言ってもまあ、こんなもんだよね」って感じの変更に留めたね。
12月にE-1選手権もあることだし、車屋とか絶対外すと思ったけど、ハリルホジッチの中では一定の評価と期待を得ているのだろう。

香川をバッサリ切ったことは評価したいね。
ハリルホジッチは常々「ロシアへのチケットを確約できる選手は誰1人としていない」と言っていたけど、口だけではないことを見せつけた印象(とは言っても、川島、長友、吉田、長谷部あたりはほぼ当確だろうけど)。

まあ、ボコボコにされるだろうけど、今回は割と納得のいく選出だったと思うよ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

キノの旅 -the Beautiful World-

アニメ感想文のコーナーです。

今日紹介するのは、2003年に放送された『キノの旅 -the Beautiful World-』。

独特な世界観な上、キャラクターデザインに癖があるため、見る人を選ぶアニメかもしれない。
実際、ボクもリアルタイム時はさほど興味をそそられなかったけど、見直してみるとなかなか興味深い作品であったね。
基本的に1話完結型の作品なんだけども、前回紹介した『蟲師』とは違い、初見で引き込まれるような感じはなく、最初の方を流し見しただけではいまいち良さが解らず、次回を見るのが面倒くさくなってくる。
回を重ねたり、2周くらいすることで味が出てくる作品であるね。

主人公のキノが立ち寄る国はどこもおかしな国ばかりで、住民の頭のネジも3、4本抜けている。
哲学的でありながら、どこか牧歌的で、童話みたいな雰囲気もある。

あと、キノと、相棒であるモトラドのエルメスのやり取りや距離感もいいね。
キノもそうだけど、エルメスはそれに輪をかけて傍観者の立場を取っている。
キノに死なれたら困るけど、あとはどうでもいいって感じ。

キノ役の前田愛の舌足らずな演技もかえって良い。
本職の声優ではこの味は出せない。
また、監督が『serial experiments lain』の中村隆太郎であり、その影響も随所に感じられるね。

にほんブログ村 アニメブログへ
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | Coup de Vent | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。